育毛剤の効果

若い方の薄毛も年々増加傾向にあり、市販されている育毛剤にも様々なタイプがあります。
当然自分の症状に合ったものを購入し、使用するのでしょうが、色々試してみたけど結局ハゲになってしまったということもよくあるようです。
CMであるように、ただ頭にパッパッと振りかけていては駄目です。
まず育毛にはなっていないでしょう。
貴重なお金や時間を使う訳ですから、「育毛剤をより効かせる」方法を勉強しておきましょう。

・自分の症状、頭皮を確認

育毛剤も高価なものがありますが、症状や頭皮に合っていないのに使用している、なんて馬鹿げた事にはしたくありませんね。
いくら高い育毛剤でも、全ての薄毛に効果があるなんて事はありませんので、自分の症状や頭皮に効く育毛剤かどうか、しっかり見極めたいものです。

例えば、今使用している育毛剤であまり効果が無いのであれば、処方の仕方を変更しなければなりません。

頭皮の状態が炎症、かぶれ、痒み、フケなどの症状であれば、まず頭皮の状態を正常に回復させてから育毛剤を使用しないと効果は無いでしょう。
荒れた大地を耕さずにいきなり肥料をまいている様な行為です。

・使用する量と回数

ご自分の頭皮に合った育毛剤であれば、たっぷり使用することをお薦めします。
育毛剤の効果は、使用する量と回数にほぼ比例して表れるのです。
結構高価な育毛剤が多いので、もったいない気がしますが本当に効いていると感じた場合は惜しげなく使ってみて下さいあわせて読むとおすすめ>>>>>育毛剤の効果口コミは信じるべきなのか?

育毛剤とマッサージ方法

育毛、発毛の手当てで最も大切なのは、「規則正しい生活習慣」と、育毛剤の使用です。

育毛剤の使用は毎日朝晩2回が理想的と言われています。
特に夜、就寝前の使用は、栄養が頭皮や髪の毛へ一番運ばれる時間帯となるため、効果が発揮されます。
風呂上がりやシャンプーのすぐ後は、頭皮が湿っていますので育毛剤を使用しても薄まってしまうので、しっかり頭皮を乾かしてから使用しましょう。

育毛剤を使用する時に血流を良くするため、マッサージを組み合わせれば更に効果が望めます。
お風呂に入っている時やテレビを見ている時など、マッサージするのも良いでしょう。

■マッサージの仕方
髪の毛が薄くなっている部分は直接マッサージしない方が良いです。
両側の側頭部の頭皮を指の腹で押し上げる様にして、頭頂部の頭皮をゆるめます。
同じように前頭部と後頭部の頭皮も押し上げる様にします。

■育毛剤の使用方法
・まず決められた使用用法、用量をきちんと守ります。
・育毛剤の効果はすぐには現れません。6ヶ月は毎日使用します。
・髪の成長の具合も個人差があります。
・1年育毛剤を使用しても効果が出ない時は生活習慣の見直しも考えて下さい。
・効果を維持するためには継続して使用します。

お洒落のためにパーマをかける場合、その構造を勉強しておきましょう。
パーマは髪の毛のたんぱく質を一度バラバラにします。
その後、カールした形などに強引に結合させるのです。
当然、自然の髪の毛をその様に加工するのですから損傷もしますが、第1液の濃度を薄くしてもらうと痛み方が和らぎます。
髪のカラーリングはパーマとは別の日にした方が良いでしょう。
もっと詳しく調べたい方はこちら⇒ミノキシジル配合のリアップ以外で効果抜群の育毛剤